〒790-0931 愛媛県松山市西石井6-5-7
089-957-9411
info@hothouse.co.jp
愛媛県松山市の分譲住宅・注文住宅のことならホットハウスへ
2LDKで4人の子どもたちと快適生活
Hot House > 最新情報 > その他のお知らせ > 2LDKで4人の子どもたちと快適生活
2LDKで4人の子どもたちと快適生活

子ども部屋はいらない!2LDKで4人の子どもたちと快適生活

 

パートナーと同居を決めて、新居を探し始めた。2人暮らしには、どれぐらいの広さや間取りの部屋を選べばいいんだろう?

 

何年か後には子どももほしいかも。でも、子どもが生まれても住み続けられるのかな? 子ども部屋が必要になるんじゃないかな?

 

そんなふうに迷っている方へ、夫婦2人暮らしから子どもが4人増えても、「子ども部屋なし」で快適に暮らしている我が家の例をご紹介します。

 

夫婦ふたりの生活

 

結婚を機に新居を探した際、1LDK・40㎡の賃貸マンションを選びました。夫婦ふたりなら、食事やリラックスのためのリビング・ダイニング、そして寝室があれば十分。1LDKであれば家賃がそこまで高くない物件もたくさんありますし、コンパクトに暮らすことで、部屋の掃除・片づけに多くの時間を使わずに済みます。

 

例えば休みの日には、朝起きたら夫がリビング・ダイニングの床掃除、わたしはキッチンで朝ごはんの準備を。用意ができたらリビング・ダイニングに置いた小さなテーブルにセットし、ソファに座ってゆっくりと食事をしました。住まいがコンパクトなので、洗面台や玄関を念入りに掃除をしても昼過ぎには家事が終了。夕方から近隣を散歩し、面白そうなお店を見つけてはお茶や晩酌、という楽しい時間を過ごせたのがいい思い出です。

 

子どもが生まれてから

 

そのうちに子どもが2人生まれましたが、小さいうちは遊ぶ場所と寝る場所があればOK。下の子が3歳を過ぎるまで、1LDKでも十分でした。寝室にはダブルベッドとベビーベッドを置いて4人で眠り、日中はリビング・ダイニングで大半の時間を過ごしました。リビングで上の子がおもちゃで遊んでいるうちに、移動可能なベビーベッドをリビングとキッチンの間に置いて、わたしはキッチンで家事を。子どもに目が届きやすいコンパクトな家ならではの快適さがありました。

 

3人目を考え始めた頃から、もう少し広いところに移ろうかという話になり、同じ路線で2駅先の2LDK・60㎡の賃貸マンションを見つけて引越し。食事をしたり家庭学習をしたりするリビング・ダイニング、キッチン、子どもの物やストックを置いてどのようにでも自由に使える「何でも部屋」、寝室という感じで各部屋を使っています。

 

みんなは子ども部屋、どうしてる?

子どもが生まれたら

 

小学生から0歳の赤ちゃんまで4人の子どもがいるわが家ですが、いわゆる「子ども部屋」はありません。乳幼児は安全に遊べるスペースと寝る場所があればよし。小学生になれば持ち物を整理整頓しておける場所、宿題や読書、家庭学習ができる場所があれば十分だと考えています。

 

わたしの周りでは、部屋数に余裕のある場合は、小学生に上がるのをタイミングに子ども部屋を用意するご家庭が多いように思います。また現状で部屋数に余裕がない場合も、子どもが思春期になり一人の時間が大切になる中学生あたりをタイミングに、子ども部屋を用意するため転居を考えるご家庭もあります。

 

1つの部屋を2つに仕切りたい場合は?

 

部屋数が少ない場合でも、今ある部屋で工夫をし、1つの部屋を2つに仕切ってみると子どものスペースを作ってあげることができます。

 

例えば、本棚や収納シェルフを部屋の中央に置いて、仕切りとする。他にも、突っ張りパーテーションを使ったり、突っ張り棒とカーテンを組み合わせたり、独立したスペースを作りたいときだけカーテンを閉めたり。アコーディオン式のつい立てを使うというアイディアもあります。

 

子どもが3人以上になったら?

 

子どもたちが成長してきて、そろそろ子ども部屋を用意しようと思うとき。いちばん上の子と下の子の年が離れていれば、一度に全員分の子ども部屋を用意する必要は必ずしもありません。まず上の子に1部屋用意してあげましょう。

 

全員に用意する段階になっても、同性なら同じ部屋にして子ども部屋は最大2つまで、と決めることもできます。その場合も、前述した「1部屋を2つに仕切る方法」でそれぞれのスペースを作ってあげられます。

 

子ども部屋無しでも快適に住むためのポイント

 

子どもが4人いても(子ども部屋がなくても)2LDKにすっきり快適に住むため、我が家が大切にしているポイントをご紹介します。

 

暮らし方のポイント

 

引越し先を検討するとき、子どもが快適に過ごせる場所が多いエリアのマンションを選びました。具体的には、公園や広場が近いこと。そして、図書館がそばにあること。外でのびのびと遊べる場所や、本を思う存分読めたり借りられる場所が近いことで、我が家の子どもたちは「家でゆっくり過ごす時間」と「外で思いっきり遊ぶ時間」を自然と区別しているように見えます。

 

また、どの部屋をどう使うのかは親の裁量で決まります。子どもたちを見ていると、親が「食べるときと勉強は、ダイニングテーブルで」「遊ぶときは『何でも部屋』のスペースで」などのルールを作り、それを子どもにきちんと伝えれば、子どもはそのルールの範囲で心地よく過ごす方法を考えるものだと感じています。

 

子どもの成長に合わせながら、家具や収納で暮らしを調整

 

1.収納家具は、 高さや幅、使い道を柔軟に変えられるものを選ぶこと

 

 「何でも部屋」やリビングで、増やしたいときにいつでも高さや幅を広げられる棚型の家具を活用しています。例えば「何でも部屋」の棚にはもともと絵本やおもちゃを収納していましたが、上の子が小学生になったのを機に買い足して収納スペースを増やし、ランドセル置き場も作りました。

 

ランドセル置き場が不要になったら、書類や荷物を置くスペースにするなど、今後も自由自在に使えます。

 

また、おもちゃの収納には100円ショップで購入できる段ボール収納箱が便利です。増やそうと思えばすぐ買い足せますし、減らそうと思えば古紙回収に簡単に出せます。

 

2.用途が限定される大きな家具は、なるべく買わないこと

 

例えば、我が家の場合は元々ベッドを使っていましたが、子どもが増えてからは布団に変えました。布団をたためば遊びスペースになりますし、誰かがインフルエンザなどにかかったら、他の子どもと寝室を別にすることも容易です。また、上の子たちが小学生になったとき、すでに持っている収納棚を活用することにし、専用のランドセルラックは購入しませんでした。その他、我が家の場合は家族の希望で置いてありますが、リビングにはソファを置かず、収納が簡単なクッションを使うというのもリビングを広く使う方法のひとつです。

 

3.ダイニングテーブルは大きなものがベター

 

我が家は子どもが2人だったときから、6人掛けのものを使っています。ダイニングテーブルは食事以外にも以下の用途で活用しています。

 

・リビング学習(宿題)

・読書

・お絵描き

などなど

 

ダイニングテーブルは、スペースも広くしっかり座って活用することができるため、リビング学習もでき、宿題や読書、家庭学習に大活躍です。(子ども一人ひとりに勉強机は用意していません)

 

きょうだいが一緒のテーブルで勉強するため、上の子が下の子に教えてあげる様子もダイニングテーブルだからこそよく目にします。

 

4.期間限定で使うものはレンタルすること

 

赤ちゃんのときだけ使うけれど、場所を取るものがいくつかあります。

 

・ベビーベッド

・ベビーバス

・ベビーゲート

などなど

 

例えばベビーベッドやベビーバス、はいはい以降の乳幼児が危ない場所に入らないよう設置するベビーゲートなど。そのような期間限定で使うグッズは、積極的にレンタルを活用しましょう。

 

今はネットでたくさんの選択肢から住まいのサイズに合ったものを選ぶことができますし、子どもの成長に伴って使わなくなったら返却でき、置いていた分のスペースが空きます。

 

LIFULL HOME’S

https://www.homes.co.jp/life/cl-kurashi/cm-family/3904/

 

Comments are closed.